私の思っていることが、赤裸々に書いてあります。

アメブロ 「みらいふコーチング」より 抜粋

これは、『勇気くじきの社会をなくしたい』 私の挑戦物語(仮)

言い訳 (月, 15 10月 2018)
「言い訳」には2種類あって、 「行動しない」言い訳と、「行動する」言い訳があるらしい。 「こんなに天気が良いんだから」ちょっと走ろうか。 「こんなに星空がキレイなんだから」ちょっと散歩しない? 私は、「行動する」言い訳を沢山使いたい。    
>> 続きを読む

新しい時代に必要な考え (日, 14 10月 2018)
  以前、大河ドラマの「せごどん」を見ていたら、     坂本龍馬さんが死んだ後のシーンで、     西郷さんが、     「坂本さんは、新しい時代に必要な人じゃった」     と、言う場面があった。       凄く、心を打たれた。     もちろん、幕末の志士が好きだということもあるが、     言葉に惚れた。         私たちも今、新しい時代の転換期を迎えています。     新しい時代がやってくるのです。     新しい時代に、     「何を持っていくのか?」     「必要なものは何か?」     取捨選択が求められる。         わたしは、   個人的には、     「アドラー心理学は、新しい時代に必要な考え」     だと、自負している。     競争社会から、協力社会へ   競争社会は、格差しか生まない。 協力社会で、全体の底上げを図らないと、新しい時代もゼロサムゲームを続けることになる。  
>> 続きを読む

今日も、一つ明ける (日, 14 10月 2018)
  一つの夜が終わり   一つの夜が明ける     一つの世が終わり   一つの世が明ける       もうすぐ、   一つの時代が終わり   一つの時代が明ける       いつか、   私たちの時代が終わり   次の世代が明ける         明日(未来)に何を残すのか?     何を継いでいくのか?    
>> 続きを読む

こんな星のキレイな夜は (土, 13 10月 2018)
せっかくなんだから     こんな星のキレイな夜は、   思い切って、     外に出てみませんか?   新しい行動を取ってみませんか?       キレイな星を「言い訳」にして。             あまりにも星がキレイなんだから。       歩くのも気持ち良い季節。     立ち止まってキレイな星空をただ眺めるのも気持ち良い。     そんな贅沢な時間。       あまりにも、星空がキレイで夢中になっていたら、     流れ星を二つ見つけた。     ね、今日も良いことあったでしょ。       星はみんなに平等にキレイに輝いている。     たまには、自分を自然に置いて     自然を堪能してみませんか?       この地球に生まれた、最高の贅沢な時間。           あの星は、何億光年先にあるのかな?   あの星からみたら、この地球はどんな風に見えているのかな?光の一粒なのかな?       なんて思っていたら、   「自分」って存在が、無くなっていた。       たまには、「我」を捨てることも大切。     そう思った瞬間。  
>> 続きを読む

アメと無視 (土, 13 10月 2018)
適切な行動をしたら、     注目を与えて       不適切な行動をしたら、     叱るのでなく     あんまり注目を与えたくない。       お話しするのならば、冷静に穏やかに。       それよりも、日常に落ちている   適切な行動にもっと注目を与えよう。     何気ない日常が「関係づくり」にとても大切、大切。
>> 続きを読む

テレビのシェア 介護福祉に関するもの (金, 12 10月 2018)
私の好きな番組に、「WBS」がある。   放送が夜遅いので、毎晩録画してある。   それを朝起きて見るという習慣だ。     面白かったのが、   “徘徊”する高齢者を探し出せ!認知症に”介護テック”で挑む:WBS     です。   この地域でも、   「迷い人」のチラシをみる。    応援したいなぁと思ったのでシェアさせてもらいました。   このアイテムなら、他に   子供や、犬、猫のペット、色んなものを探せそうだね。       この日は他にも   【トレたま】車いすピタッとストッパー   といった「介護」関係するものが多かった。
>> 続きを読む

仕事は楽しいですか? (金, 12 10月 2018)
  「仕事が楽しくない」と言う人がいる。     こういう人は結構多いのかな?     皆さんは、どうですか?     人生で多くの時間を費やす「仕事」   それが「楽しくない」のは   しんどそうだなぁと思った。       そんな人に     「じゃ、何が好きなの?」   「何している時が楽しい?」   って聴く。     答えれる人もいれば、   「特に無いです」と言う人もいる。       そんなことは無い!     と心では思っているが、口に出さない。     これは、「相手のことは信じるけど、相手の言葉は信じない」って話。       相手は今、思考がフリーズしているだけ。     氷が溶けたら、ちゃんと考えてくれる。   答えを探し出してくれる。       それを、信じて     相手を信頼して       暖かい関係     楽しい雰囲気を創り     答えを探す旅に一緒に出る。     相手の「自分探しの旅」に同行しているサポーターみたいな存在だ。  
>> 続きを読む

人を活かす (木, 11 10月 2018)
  人を働かすこと     人を活かすこと     これが上手く行っている人の考え方だと思われる。     自分ではなく     他を伸ばすこと     他をよくすることを考える。     利他の心と言うのかな?         「あの人が働いてくれない」     と不満を嘆くよりも       「あの人はどうやったら働いてくれるだろう?」     活かすことを考える。     『どうやったら、この人を活かすことができるだろう』     と考える。       上手く行っている社長さんは、     「どうやったら、従業員さん達が気持ちよく働いてくれるだろう?」     「どうやったら、従業員さん達が能力を発揮してくれるだろう?」     と考えている。     非常に面白いなぁと思った。     これは「人を動かす」にも書いてあること。     これが「人を活かす」ことだと思われる。    
>> 続きを読む

目の前にいる相手を勇気づけよう (水, 10 10月 2018)
目の前にいる相手を勇気づけよう   そこがスタート地点。   なぜなら     私が「この世界の始点」だから     私の目に見える世界観=この世界は自分が見たいように見ている世界       私の心持ちが変われば、     いしきの向け先を変えれば、     違う世界の扉が開く     違う世界が見えてくる       昨日まで、私を困らせていた相手も(部下も、上司も、取引先さんも、お客さんも)     心持ちが変われば、     違ったように見えてくる。         今までは、私を困らせる相手だった。       でも、この「私を困らせる人」という、ラベルは       自分が相手に貼り付けたレッテル。         意味づけ         一度、ラベルを貼ってしまったら、       私が剥がさない限り       「私の困った人」       私の困ったことをやり続ける人       そう「見える」だけで       そんなことないよ。         よくよく     よーく     刮目して(目をこすって)見ていると、       相手は、「ずっと私の困ったことをしている訳ではない」と気がつく。       やっと、正しく見えてきたね。       では、適切な行動をしているときに注目して     勇気づけをしよう。               勇気を出して       ありがとう。 と言おう。       お陰で助かったよ。 と言おう。         相手は、きっと嬉しくなって適切な行動を繰り返すでしょう。               最後にアドラーの言葉を…       アドラーは、   「すべての人々の問題、すべての不適切な問題行動の根本原因は、     勇気を失っていることだ」 というふうに考えました。                 だから、私は相手を勇気づけたいんです。       相手が建設的に前に進めるよう。    
>> 続きを読む

太陽の話 (土, 06 10月 2018)
      太陽だった時の話を聴かせて欲しい。     晴れ間が見えた時の話。         少しだったとしても、   それは、それで、   逆に感動するじゃん。         大切な晴れ間の出来事。             無いことはない。           天気もそう。       「ずっと雨」って全部を黒塗りしないで、     「ずっと雨」なことは無いよ。     雨も止んでいた瞬間がある。   晴れ間が見えていた瞬間がある。           ゆっくりでいい。     うまくしゃべろうと頑張らなくていい。           日が差した時の話     虹が見えた一瞬の話を聴かせてほしい       私は、そう思って話を聴いている。  
>> 続きを読む