あなたの会社を『最高のチーム』にしませんか?

 

 

アドラー心理学 と 解決志向の提案    

 

 

私の提案するアドラー心理学は、

 

①『自立する』(依存しない、自ら考える人です)

②『社会と調和して暮らせる』(仲間意識を持って協力できる)

 

を二大要素として掲げています。

 

 

 

 

難しく聞こえるかも知れませんので、一言で言うと、

 

『ヨコの関係』

 

このような状態の職場づくりの提案です。

 

 

たった、これだけです。

 

これがシンプルで強力です。

 

 

(イメージとしては、漫画「ワンピース」がヨコの関係です。

 是非読んでみてください。それだけで、課題が解決する場合があります。)

 

 

 

「社風」は社長が創るものだと思ってます。(船長ですね。)

 

 

ただ、その社風の中で働く従業員さん達は伸び伸び働いてますか?

 

『こんな新しいことをしたら、もっと良くなるんじゃないかなぁ?』

 

って、一人一人の個性が輝いてますか?主張が現れてますか?

 

言いたいことが言えてますか?アイデアが積極的に出てますか?

 

 

働いている従業員さんの顔を見れば、すぐ分かります。

(接しているお客さまも、気がついてます。

 従業員さんから気が出てて、お客さまはそれを敏感に感じとっているから。)

 

 

 『ヨコの関係』とは単に馴れ合いの、規律のない関係とは異なり、

 

一人一人の個を尊重した、全員参加型の職場づくりを目指してます。

 

 

 

私は「ムードメーカー(雰囲気を創る人)」として、

 

①社員一人一人の個性を、強く強く引き出します。

 

②そして、強く引き出した個性と会社との共有ゾーン(協力関係)を探します。

 

(順番が大切です。相手を操ろうとしないで下さいね。依存状態になります。)

 

 

 

従業員さんがイキイキと働ける会社(従業員満足度向上)が、

 

お客様満足度の向上につながります。

 

 

「場」が全てです。


「場(環境)」が人を創るんですよ。

 

 

 

従業員の皆様が目を輝かせて、イキイキと働ける会社を目指して行きませんか?

 

 

 

 

社員全員で参加したい、コミュニケーションセミナーやってます。(*^^)v

(気になる方には、無料小冊子「勇気づけの章」をプレゼント)